反対咬合

反対咬合には「骨格性の反対咬合」と「歯性の反対咬合」があります。


「骨格性の反対咬合」

 骨格的に上顎骨が引っ込んでいる 矢印①

 骨格的に下顎骨が出ている 矢印②

 上記の両方

により反対咬合になる


「歯性の反対咬合」

上記のような骨格的な問題はないが、前歯の傾きが

 上の前歯が舌側(内側)に傾斜している 矢印③

 下の前歯が唇側(外側)に傾斜している 矢印④

 上記の両方

により反対咬合になる


反対咬合による弊害


 前歯の咬み合わせが反対なので、咀嚼効率が悪い

 上顎が小さかったり、上顎前歯が引っ込んでいたりするので、
   舌の動きが制限され、サ行・タ行が発音しにくい

治療方法(小学生の場合)


骨格性反対咬合の場合

1期治療として、上顎前方牽引装置を寝ている間に使うことにより、上顎骨の成長を促進し、下顎骨の成長を抑制する事により反対咬合を改善します


上顎前方牽引装置

<治療例>


治療前

前歯が反対咬合です
セファロ分析の結果、上顎骨が引っ込んでいたので、上顎前方牽引装置を使いました

1期治療中

反対咬合が改善されました

口元の変化

治療前
反対咬合のため、上口唇よりも下口唇が突出しています

治療中

反対咬合が改善され、自然な口元になりました


歯性反対咬合の場合

1期治療として、取り外しができる装置を寝ている間に使うことにより、舌側傾斜している上顎前歯を唇側に傾斜させ、反対咬合を改善します

床矯正装置

<治療例>


治療前

セファロ分析の結果、上の前歯が舌側(内側)に傾斜していて、骨格的には問題なかったので、床矯正装置を使いました

1期治療中

反対咬合が改善されました

治療方法(大人の場合)

顎骨の成長は利用できないので、基本的にはブラケットという装置を個々の歯に付けて、ワイヤーを通して歯を動かす治療方法になります。
ただし、骨格的なズレが大きく、矯正治療単独では反対咬合の改善が困難な場合は、手術を併用した外科的矯正治療になります。

<治療例>


治療前

前歯が反対咬合で、上の歯と下の歯が咬み合っていません
右下の小臼歯と左下の親知らずを抜歯して、下の前歯を引っ込めながら、全体の咬み合わせを整える矯正治療をしました

治療後

反対咬合が改善され、全体で咬み合う様になりました