叢生(でこぼこ)

歯ならびが凸凹した状態
いわゆる八重歯や乱杭歯

叢生による弊害


 歯磨きがしにくいので、むし歯や歯周病になりやすい

 上の歯と下の歯が咬み合わないので、咀嚼効率が悪い

 見た目が良くない

治療方法


学童期の場合(1期治療)

歯列の幅が狭いことによる凸凹の場合、1期治療として拡大床により歯列を拡げて、歯を配列します。

拡大床

*ただし、すべての学童期の叢生症例が拡大床で治る訳ではありません。精密検査のあと、拡大床による治療の適応と診断された場合のみ、治療をします。


<治療例>

治療前

上の前歯が凸凹していて、上下の歯が咬み合っていません。歯みがきもしにくいです。

1期治療後

前歯がきれいに配列され、上下の歯が咬み合い、歯みがきもしやすくなりました。


大人の場合(中学生以降の永久歯列期)

基本的にはブラケットという装置を個々の歯に付けて、ワイヤーを通して歯を動かす治療方法になります。

唇側矯正

舌側矯正

<治療例>


治療前

八重歯です、上の歯と下の歯が咬み合っていません。
歯を配列するスペースが足りないので、小臼歯を抜歯して治療をしました。

治療後

八重歯が改善され、上下の歯が咬み合う様になりました。


<叢生+上下顎前突の治療例>

上下顎前突とは、上下の前歯が前方に突出(傾斜)した状態の事です。

治療前

上下の前歯が凸凹しながら、前方に突出しています。前歯は咬み合っていません。
上下の前歯が歯列に収まらない状態なので、小臼歯を抜歯して、配列しました。
前歯を引っ込めて、口元の改善も図ったので、矯正用アンカースクリューを使いました。

口元は突出しています。

治療後

きれいに配列され、咬み合わせも良くなりました。

口元もすっきりしました。
口唇がE-lineに収まりました。

E-lineとは?