上顎前突

下の前歯に比べて上の前歯が突出した状態
上顎前突の形態的要因には、「骨格性の要因」と「歯性の要因」があります。

骨格性の要因


 骨格的に上顎骨が前方に出ている 矢印①

 骨格的に下顎骨が後方に引っ込んでいる 矢印②

歯性の要因


前歯の傾きが

 上の前歯が唇側(外側)に傾斜している 矢印③

 下の前歯が舌側(内側)に傾斜している 矢印④

上顎前突による弊害

 前歯が咬み合っていないので、咀嚼効率が悪い

 上の前歯をぶつけやすい

治療方法


小学生の場合


<FKO(機能的矯正装置)>

骨格的に下顎骨が引っ込んでいる場合に使用します。
下顎骨を前方に成長させ、また上顎前歯を舌側(内側)に傾斜させる効果があります。


<ヘッドギアー>

骨格的に上顎骨が前方に出ている場合に使用します。
上顎骨の成長を抑制する効果があります。


<床矯正装置>

骨格的には問題がなく、上の前歯が唇側(外側)に傾いている場合に使用します。
上の前歯を舌側(内側)に傾ける効果があります。


大人(中学生以降)の場合

ブラケットという装置を個々の歯に付けて、ワイヤーを通して歯を動かす治療方法になります


<治療例>

上の前歯が唇側に傾斜して、前突しています。
歯並びが凸凹して、上下の歯が咬み合っていません。

上口唇が突出しています。

上の前歯の唇側傾斜が改善され、上下の歯が全体で咬み合う様になりました。

上口唇の突出感も無くなりました。